予防治療

ゼロ歳児からの予防診療を徹底することが、新しい常識です。

お子さんの口腔内を守るために

子供の歯医者さんが考える歯科医院とは

むし歯の治療=歯医者=痛いと考えられがちですが、当院の考える歯科医院は「歯を綺麗にする気持ちのいい場所」です。
そのため、治療は最小限にし、安定したお口づくりをしていくことをポリシーとしています。

治療をした歯から歯は弱っていきます。
歯医者に治療に来るのではなく、「むし歯にならないよう予防をしてもらう」ために来てほしい。
それが私達の一番の想いです。
健康な歯の状態を定期的に確認し、より健康になるために歯科医院に来院していただきたいと考えています。

「治療しない」ことが目標

小児歯科は、「むし歯の治療をする場所」になりやすいため、当院ではとにかく「治療をしないこと」を目標に掲げています。

日々の習慣や、口腔機能の問題で歯並びが崩れたりすることが多くあります。その機能が備わる段階で、「きちんと機能が備わっているのか」「成長段階で、今どうしたらベストな状態にもっていけるのか」
など、検診で確認し、定期的にケアすることが「むし歯のない歯」をつくる一番の方法だと考えています。
口腔内だけでなく、発育段階で「口をぼかんとあける」「姿勢が悪い」なども歯並びの崩れに関係することがあります。
当院では、「治療をしない=むし歯のない歯」を維持するための生活面や習慣を含めたアドバイスができます。歯が生えたらすぐに一度ご相談ください。

定期検診

定期検診をきちんと受けていただくことで、むし歯になりかけている歯や異常を早期に発見し、治療しなければならない状態になる前に対処することができます。

歯の定期検診の目安は、一人ひとりの口腔環境にもよりますが、1〜3ヶ月に1回です。

定期検診の内容

  • クリーニング
  • フッ素の活用
  • シーラント処置
  • 歯によい習慣の指導
  • 食事指導

マイナス1歳からのむし歯予防

生まれたばかりの赤ちゃんは無菌のため、むし歯菌など存在しません。
ではなぜむし歯になってしまうのでしょうか。
それは、大人からうつるケースがほとんどで、特に赤ちゃんと多く接するお母さんは、自分のむし歯菌を赤ちゃんにうつさないように気をつける必要があります。
また、妊婦さんに歯周病がある場合は、切迫流産・早産・低体重児のリスクが高まるといわれています。安全な出産・子供の健康のために、妊娠中でも口腔内のケアに取り組むことが大切です。

妊娠中は特に歯のケアが大切です

歯周病はお腹の赤ちゃんのリスクになる

女性は妊娠すると、ホルモンバランスが乱れによる体の不調や口腔内の異常が出やすくなります。また、ホルモンバランスが崩れると唾液の分泌が減り、ドライマウスになりやすくなります。
唾液は、細菌の増殖を予防する働きがあり、唾液が少ないと菌の増殖を促してしまうため、歯周病リスクが高まるといわれています。

歯周病があると、切迫流産や早産など、お腹の赤ちゃんのトラブルが多いこともわかっているため、妊娠したら早めの歯科受診をおすすめします。

受診時期

まずは、市町村の「妊婦歯科検診」を受けましょう。
特に、妊娠時期はお腹が大きくなり、仰向けや同じ姿勢での治療が辛くなる場合があるため、つわりが落ち着き、体調が安定する妊娠5ヶ月〜8ヶ月くらいまでに受診いただくことをおすすめします。

健康な子供を生み、育てるために

成長や発育のスタートダッシュは、生まれた直後です。生後3ヶ月までが一番成長の傾きが大きい時期といわれています。
妊娠中の姿勢が悪いと、お腹の中の赤ちゃんの姿勢にまで影響を与えるとの報告もあります。
また、切迫流産や早期出産による低体重児は、歯周病がリスクになる場合もあるのです。
元気で健康な子供を生むためにも、まずは妊婦歯科検診でお口のチェックをすると同時に、まずは正しい知識を身につけましょう。

ご予約・お問合せは
お気軽に

口内のことでお悩みでしたら、稲毛海岸駅 徒歩3分にある
海岸歯科室こどもの歯医者まで、まずはお気軽にお問い合わせください

  • 0120-707-618
  • 043-270-7618
  • contact_tel_sp.png
  • contact_tel02_sp.png
  • オンライン予約はこちらオンライン予約はこちら
  • 0120-707-618 043-270-7618
  • 予約